ウェブアクセシビリティについて

ウェブアクセシビリティとは

当サイトは、国の定めたウェブ・アクセシビリティの指針に基づき、バリアフリーなサイト構築を目指しています。

「ウェブアクセシビリティ」とは、「ウェブを利用するすべての人が、年齢や心身の機能の制約、利用環境などに関わらず、ウェブで提供されている情報に問題なくアクセスし、提供されているコンテンツや機能を誰もが容易に利用できること」をいいます。

参考サイトリンク

ガイドライン

当サイトでは、検証ソフトウェア「ウェブヘルパーver.2」にて、優先度1項目を100%実施しております。今後すべての項目実施に向けて修正加筆して参ります。

内容

  1. それぞれの段落では1つの主要な考えを表しています
  2. すべてのページに“title”をつけ、同じタイトルが複数のページにならないようにしています
  3. 各ページに、ホームへの戻るリンクをつけています

表示

  1. すべての画像(IMG)に代替テキスト(alt)を用意しています
  2. a要素内のテキスト内容は適切です
  3. 画像(IMG)の代替テキスト(alt)が場所をとるためのテキストになっていません
  4. 色彩だけで情報を区別していません
  5. ページがフリッカーの原因になっていません
  6. BLINK要素を使用していません
  7. サーバー側イメージマップを使用していません
  8. スタイルシートがなくても、ページは読み込めます
  9. IFRAMEで、正しいソースを使っています
  10. 「機種依存文字」「絵文字」は使用していません
  11. テキスト等と背景は誰にでも見やすい組み合わせにしています

文字

  1. テキストの自然言語の設定をしています
  2. 文や段落のトピックは、文や段落の始めに位置しています
  3. 俗語や専門用語を使わず共通語になっています
  4. 受動的な動詞よりも能動的な動詞を使っています
  5. よく使われる言葉を特別な意味合いでは使っていません