タイムスケジュール

13:30 開会
主催あいさつ
リレー講演
「 理科・ものづくりの現場から地域の人材育成を考える」
平出  亜 氏(応用地質株式会社 東北支社 ジオテクニカルセンター長)
佐藤 光雄 氏(東北リコー株式会社 画像システム事業本部 技師長)
三浦  清 氏(宮城県古川工業高等学校 進路指導部長)
パネルディスカッション
テーマ 「継続的な人材育成のために」
パネリスト 平出 亜 氏/佐藤 光雄 氏/三浦 清 氏
司会・ファシリテーター 阿部 清人 氏(せんだい泉エフエム放送株式会社 取締役、アナウンサー)
15:00 閉会

講演者紹介

平出 亜氏(応用地質株式会社 東北支社 ジオテクニカルセンター長)

環境や地質に関するプロの視点を取り入れ、小学校で理科特別授業の社会人講師として教壇に立つ。バードウオッチングや山歩きの趣味を突き詰め、自然観察に関する資格を取得。各地で行われるセミナーなどに参加し、プログラムを練り込むこだわりの授業は、学校からの評価も高い。会社では、東宮城野小で防災授業も展開している。

佐藤 光雄氏(東北リコー株式会社 画像システム事業本部 技師長)

世界初のデジタル孔版印刷機を開発した「七人の侍」の一人。社内の掲示板で200話を超えるコラム「1分間で読める科学・技術の話」を発信しているほか、2004年の技術士資格取得後は県内の中学校や高等学校に足を運び、これまで25校以上でいかにしたら科学に興味を持たせることができるかを考えながら、「ものづくりの面白さ」などを生徒たちに伝え続けている。

三浦 清氏(宮城県古川工業高等学校 進路指導部長)

赴任した昨年度、進路指導部長として、企業や大学が出前授業の形式で事業内容などを説明する進路ガイダンスを始めた。昨年度は、県内に本社や工場がある企業10社、6大学、13専門学校、自衛隊、県警の担当者ら約50人が講師を務め、2年生236人が進路選択の参考にした。本年度も3月に実施する予定。「働くことの大切さを生徒に伝えたい」。その想いは熱い。

司会・ファシリテーター紹介

阿部 清人氏(せんだい泉エフエム放送株式会社 取締役、アナウンサー)

復興へ向けての取り組みについて紹介する仙台市の広報番組「せんだい復興日記」を担当する一方で、防災士として科学実験を演示するサイエンスショーや防災教育を推進する講演活動を全国各地で展開する。仙台市社会教育委員、仙台高専参与も務める。

参加お申込みはこちら